読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rp_2

上新庄で停車
抽象的な花の文様
の描かれた服と鞄を身につけた中年女性の集団
が乗り込む年齢にあまり差はなさそう

7〜8人辺りかドアの近くに集まり和気藹々と話しているほとんどがデニムジャケット(紺)を着用

よく見てみると髪型にも共通点があった
ポニーテール、団子、三つ編み髪の量に差はあれど後ろへ束ねているのに違いはない

これだけ服装、外見の似ている人間が複数
いると薄気味悪い

スーツだとか制服だとかは見慣れて
いるからいいがお揃いの私服を着ている
集団(7〜8人)なんてそうそう見ない
からそう感じるのか

あと単純にうるさい静かに乗れ口の閉じ方を
知らないのか降りろこの野郎と思う

紺のデニムジャケットと花の文様のスカートを身につけた女性が乗り込んできただけで仲間ではないかと錯覚してしまう

やっと西宮北口で降りたなにやら長文のLINE
を交わしているのが見えたしかし何故同じ格好をしているのか行き先は何処か何一つ分からないまま終わる