読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/27

今日は絵を描いて、それから図書館に行って小説を借りた。「ペンギンの憂鬱」

 

借りた小説はおもしろい。文字数が少ないのもあるけど、するすると読める。他のロシア文学も読みたくなってきた。

 

最近、何も考えていないような気がする。思考するための枠組みも、思考するための言葉も結局誰かの借り物でしかない。SNSで大量に流れてくる情報を摂取するばかりで、何もしていない。

 

B「勉強が分からないから教えてほしい」

A「何が分からないの?」

B「何が分からないのかも分からない」

高校生の頃はBの気持ちが分からなかったが、今なら痛いほど分かる。周りの人間と比較して知性が圧倒的に足りないのは分かっているのだけど、「では何をすれば良いか?」という問いに入ると途端に立ち竦む。知らなくてはならない、覚えなくてはならない、理解しなくてはならない物事が無限にあるように思えて、怖気づいて結局何もできなくなる。

 

今日やったことを文章にして二行で片付くような奴がまともな人間と呼べるのだろうか。